nizitsuku_icon
二次創作 2020-11-21 この作品を通報する
やんだ 2020-11-21 二次創作 作品を通報する

冬の朝に

かけつきさんとでん田さんの設定の設定をお借りしています。 小説家で医者な鬼(かわいい)って面白いなと思って書きました。 イメージは大正時代ぐらいです。 あと炎鬼ちゃんと梅鬼ちゃんは鬼だってバレていな... 続きを読む

元になったシリーズ
鬼子ちゃん

今日は朝から冷える。 何か大事な用事があったかと思うが、こんな日は布団から出たくない。 いや、出るべきではない。もう少し眠ろう… その時、ガラガラガラ!と玄関の戸を引く音がした。 「炎鬼ちゃんですか?もう起きてお仕事をしていると思いますよー!さあ、どうぞお入り下さい!」 戸口で助手の梅鬼ちゃんが話す声が聞こえてくる。 「どうも朝早くからすみません。しかしどうしても今日は…」 もう一つ、別の声が聞こえてくる。この声は確か新しく僕の担当についた編集者だ。 しばし雑談を交わしたあと、そのまま2つの足音はこちらへ向かって来る。これはまずい! 「炎鬼ちゃん!おはよーございまーす!お客さんですよー!」 「おはようございます先生。来週の締め切りの件ですが…」 梅鬼くんと編集者が戸の外から声をかけてくる。 梅鬼くんめ、編集者にはボクはいないと言っておくれと伝えたはずなのに。 「うん、おはよう。良い朝だね。僕はちょうど医者の方の仕事が片付くところでね。少し待ってくれるかな」 僕は秒で着替えをしながらそう返す。 原稿がどうかって?まだ全く進んでいない! 「やあ、お待たせ」 「あ、炎鬼ちゃん!お仕事おつかれさま!お茶をどうぞー」 僕が応接室に行くと、梅鬼くんがお茶を煎れてくれた。 芳醇な梅の香りがして、とても美味しい。 「先生、それで連載いただいている小説。来週が締め切りですがいかがですか?」 「炎鬼ちゃんの小説、楽しみです!」 「それはだね…あっ、梅鬼くんこのお茶美味しいね。お代わり貰っていいかい?君もどうかな」 「炎鬼先生…なんだかごまかそうとしていませんか?」 「ははっ、まさか…」 そのまさかだ。 「今度の締め切りこそ絶対守って下さいよ!この前みたいに『ウデが折れた』なんて言い訳はだめですからね!片手でも書いてもらいますから!」 流石、若くして女だてらに編集者はやっていない。 (これではどちらが鬼か分からないな……) 僕はなんだか可笑しくて笑みがこぼれる。 「おっと、学校の時間です。それではまた」 シュタッと挨拶をすると、梅鬼くんはお茶を下げて学校に出かけていく。 女学校というのも楽しそうである。次はそういう設定で僕も通ってみようかな。 梅鬼くんのようにセーラー服は似合うだろうか。 「梅鬼ちゃん、行ってらっしゃい」 「行ってらっしゃい梅鬼くん」 梅鬼ちゃんはとにかく人に愛されるところがある。 編集者も梅鬼くんと話すときだけはほがらかだ。 「それで先生、とにかく…ごほっごほっ」 「おっと、大丈夫かい?こじらせたら大変だ。せっかくだからボクが診てあげよう」 「あ、ありがとうございます」 ボクは手を触れながら診断を行う。 カチャカチャカチャ… 「うん、大丈夫そうだ。ただの風邪だね。この薬を飲むと良いよ、たちどころに良くなる」 秘密だが鬼特製の秘薬である。きっとすぐに効くハズだ。 「すみません先生。お代はちゃんとお支払いしますので…」 「3日」 指を3つ数えながら僕は言う。 「え?」 「お代という事で3日だけ待ってくれ」 「~~、ズルいです先生!」 その後、なんやかんやあって2日だけ締め切りをまけてくれた。 さて、これ以上悪化させないためにも小説を書かなくては。 編集者のうしろ姿を思い出しつつ、僕は筆をとる。 今日は冷える。しかし人と関わる事は楽しい。 小説を書いたり人を治して感謝される事はなお一層だ。 締め切りを延ばしてしまった編集者と、それから何かに手を合わせてから、僕は小説を書き始めた。